読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車乗りの戯れ

自転車についてのアレやこれ

自転車を買うときの話

さぁこんばんは あんそにです。
今日は、自転車を買うときの悩み事について。
 
まぁ、大原則だけ先に。
”良いものは高い”
コレ、大原則。
 

自転車やってると必ず立ちはだかるのが”価格”なんですよね。
よほど稼いでないと、スポーツ自転車って高いですよね。
そりゃ一般車は1万も出せば買うことができるのに、
クロスバイクでも5万とか6万とか、
ロードバイクなら8万9万なんなら3桁でっせ。
 
でこの時、何をもってして”高い”なのか。
...
そう、一般車と比べてですね。
でも今買おうとしているのはスポーツバイクなのよ。
軽四とスポーツカーの値段比べてどうすんのさ ってことね。
軽四ならほかの軽四と比べて、
スポーツカーならほかのスポーツカーと比べるのが正しいはずでしょ?
でも、初めてならしょうがない。
スポーツバイクって高いのよ。
 

さて、自転車を買おう!ってただ漠然とお店に行ってもダメよん
だって、自転車で何をしたいのか決まってないでしょ?
まずは、イメージするのさ 自転車を手に入れた自分は何をする?
ちょっと隣町へいって、喫茶店でも巡っちゃう?
それとも、山へ向かって一直線!あの山を征服したい?
いやいや、おしゃれなカバンを付けてお買い物号?
いつか見た、しまなみ海道行ってみようかな?
....
どう?イメージ出来てきた?
使う頻度よりも、”何を”楽しみたいかが大事だよ。
年一回の草レースに全力つぎ込む!っていえばレーサーバイクが必要なんだよ。
そう、いくら通勤で乗る回数が多くてもね。
逆に、その通勤を目一杯楽しもうと思えば、また別の自転車が必要だよ。
あなたが走りたいフィールドはどこだろうね。
 
イメージが出来たら、そのまま自転車店で聞いてみよう。
「イメージはこんな感じなんだけどどう?」ってね。
たぶん、その店員さんがいろんな選択肢を提示してくれるはずだよ。
この時「予算は?」って聞かれたら「決めてない」が正解だよ。
だって、あなたのイメージする自転車の価格なんてまだ分からないんだから、
予算の組み立てなんてできないでしょ?
まずは店員さんがピックアップしてくれた車体をしっかり見ていくんだ。
 
でしっかり質問すること。
なぜ、自分にぴったりなのか、なぜこの価格なのか。
店員さんのお仕事は、その車体の”価格分の説明”がお仕事なんだからね。
で、一通りお話を聞いたらいったん退散しよう。
そう、次のお店へ行くんだ。
 
近場のお店を回り終わったら、
コーヒーでも楽しみながら、予算を組み立ててみよう。
色んな車体の説明を聞いてきて、価格の感覚はつかめたはずだよ。
そして、価格が安い理由も、高い理由もばっちりだよね?
お財布の中身と相談して、決まった?
そうしたら、もう買いに行くお店も決まってると思うんだ、
納得いく説明だったり、もしかしたら値引きしてくれる店だったり
単に店員さんが良い人だったり、ね。
 
さて、僕からのアドバイスは、
冒頭にも書いたけど、可能な限りお金を出すことなんだよね。
より便利になったり、軽くなったり、より性能が特化していたり、
より、自分に合わせるためにパーツを最初に追加したり、
お金を出して損なんてないんだよ。
 
だから予算は最初に考えないのね。
最初に考えちゃうと視野が狭くなっちゃう。
すごいぴったりな自転車があるかもしれないけど、
予算を最初に決めちゃったら出会えないから。
 
まぁ、確かに高い買い物だけど、
軽い気持ちでゆったり構えて考えましょう。
じっくり悩んで、店員さんやネットとかいろいろ聞いてみよう、調べてみよう
時間をかけて選べばきっといい自転車を手に入れられるよ。