読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車乗りの戯れ

自転車についてのアレやこれ

ロードバイクってなんだろう

こんばんは あんそにです。
今日のブログはロードバイクってなんだろうって話。
なんでこの話題?って思うけどお店であるあるの話。

お客「ロードバイク欲しいんですけど!」
おいら「良いですね! これとかどうですか!!」
お客「え? いや そのあんまりガチじゃないんで....」
 
ここの”ガチ”ってほかには”本気”とか”競技”とかってのが
言い換えとしてあるかもだけど。
まぁよくある話なのです。
 
ただ、ただ結論だけ言っちゃえば
ロードバイクって 乗る人間がどうであれ、
道具としてのロードバイクの使命はいわゆる”ガチ”なわけです。
 
人間が筋肉によって生み出すエネルギーを、
ペダル、チェーン、ギア、ホイールを通して推進力へ変換する。
ロードバイクはその変換効率向上のために、
人間が出力しやすい姿勢の為のジオメトリ(寸法)だったり、
人間の踏力やチェーンにかかる張力を支える剛性だったりを持ちつつ、
軽さだったり、空力だったりを追求した自転車です。
つまり、ガチなんですよ。
 
それは入門レベルのアルミロードでも100万バイクであっても同じ。
 
例えば走る。
ホムセンで売っているシューズでも、何なら便所サンダルでも走れます。
ただし、陸上競技は?専用のタータンを走るように作られたシューズがありますね。
トレランは?山岳の道を走ることができるように専用のシューズがあります。
マラソンは?軽いものや、地面からの衝撃を和らげる設計のものがありますね。
 
そうです、自転車と同じなんですよ。
ロードバイクってまさにオンロードでの自転車競技の為に作られているんですな。
 
さて、ガチとは何なのか。
それは、乗る人間の意識です。
見た目や価格ではないのです。
9万円のアルミロードバイクでも、ストイックに、目標の為にトレーニングを積む意識があれば”ガチ”なんですね。
そしてたとえ100万のロードだからと言って”ガチ”で走らなければならないか?
別にそんな必要もないです。
 
機材はただの道具にすぎません。
物言わぬ機材ですが、
入力された力をただただ推進力へ黙々と変換してくれています。
そう機材はいかなる状況でも”ガチ”で仕事してくれます。
乗り手がダルダル乗っていても、その力は推進力へガチ変換されています。
 
乗り方のスタイルが”ガチ”かどうかは自分で決めなされ。
どんなスタイルであったとしても、機材は答えてくれます。
ロードバイクではその変換効率で、
ツーリングバイクではその泥除けやパニアバックで、
MTBならそのタイヤやサスペンションで....

米国ラレーとJPNラレーは印象がチガウ

こんばんは あんそにです。
大寒を過ぎたというのに寒いじゃないかぁ、
と激サムな毎日にうんざりしております。
 
さて今日取り上げるのはラレーです。
そうね、アラヤさんが日本で展開しているあのラレーですよん
まぁアラヤってことで非常におしゃれ、そして渋いッ
日本のラレーってそんな感じでクラシックロードなイメージが強いですよねぇ
実際ラインナップを見てもクロモリロードだったり、
ステンロード、去年はアルミのクロスバイクまで作ってますね。
 
ただ、この状況ってその国によっては変わっちゃうんです。
え?って思うじゃないですか?
例えばGIANTのエスケープは台湾だろうがアメリカだろうがエスケープなのですよ。
もちろんその国だけのラインナップも多少ありますよね。
つまりは、メインの車体ラインは固定で、サブとして国ごとのものが少しある。
それが通常のメーカーさんってことですね。
英国仕込みのラレーは違うの
「いやいや、英国のチャリンコで日本走ってもフィットしねーよ」
「だからこそ その国にあった車体を用意しな」
そう、JPNラレーは日本のことを考えてるわけ。
若干アラヤ臭がするのはおいておこう。
 
ということで、僕も話は聞いたことはあったけど、
ちょくちょく海外サイトで展示会の画像眺めてると
「オウァァ?! 貴様あのラレーなのか!!」って車体が出てくるわけよ
米国のラインナップはすごい印象違うのねぇ
たぶん日本で最近流行りだそうとしているそんな方向性なんだよねぇ
まぁ、いいからバイクルーマーの記事でも読みなさい

www.bikerumor.comもうねサムネイルだけで伝わってくるビシバシね。
ねぇー最近この手のバイク見るでしょ?
こっちも見て↓

www.raleighusa.comいいよねぇ うん
好きよ本当に。
 
でもでも、JPNラレーも好きなんだよ
クラシカルな見た目とカラーも落ち着いた感じでほんと”渋”って感じ?
荷台”ラック”用のダボ穴とかも全部見えないように内サイドに作られていて、
横から見たらきれいなクロモリロード。
でも、実は輪行の時便利な細工がしてあったり、
荷台やら付けられる拡張性を秘めてるのよね
 
あとこれは販売店サイドの話だけど、
毎年、新車発表会に行くとお土産のお菓子くれるの
なんていうか、好きなのですよ。
あ、これはアラヤの話か。

自転車を買うときの話

さぁこんばんは あんそにです。
今日は、自転車を買うときの悩み事について。
 
まぁ、大原則だけ先に。
”良いものは高い”
コレ、大原則。
 

自転車やってると必ず立ちはだかるのが”価格”なんですよね。
よほど稼いでないと、スポーツ自転車って高いですよね。
そりゃ一般車は1万も出せば買うことができるのに、
クロスバイクでも5万とか6万とか、
ロードバイクなら8万9万なんなら3桁でっせ。
 
でこの時、何をもってして”高い”なのか。
...
そう、一般車と比べてですね。
でも今買おうとしているのはスポーツバイクなのよ。
軽四とスポーツカーの値段比べてどうすんのさ ってことね。
軽四ならほかの軽四と比べて、
スポーツカーならほかのスポーツカーと比べるのが正しいはずでしょ?
でも、初めてならしょうがない。
スポーツバイクって高いのよ。
 

さて、自転車を買おう!ってただ漠然とお店に行ってもダメよん
だって、自転車で何をしたいのか決まってないでしょ?
まずは、イメージするのさ 自転車を手に入れた自分は何をする?
ちょっと隣町へいって、喫茶店でも巡っちゃう?
それとも、山へ向かって一直線!あの山を征服したい?
いやいや、おしゃれなカバンを付けてお買い物号?
いつか見た、しまなみ海道行ってみようかな?
....
どう?イメージ出来てきた?
使う頻度よりも、”何を”楽しみたいかが大事だよ。
年一回の草レースに全力つぎ込む!っていえばレーサーバイクが必要なんだよ。
そう、いくら通勤で乗る回数が多くてもね。
逆に、その通勤を目一杯楽しもうと思えば、また別の自転車が必要だよ。
あなたが走りたいフィールドはどこだろうね。
 
イメージが出来たら、そのまま自転車店で聞いてみよう。
「イメージはこんな感じなんだけどどう?」ってね。
たぶん、その店員さんがいろんな選択肢を提示してくれるはずだよ。
この時「予算は?」って聞かれたら「決めてない」が正解だよ。
だって、あなたのイメージする自転車の価格なんてまだ分からないんだから、
予算の組み立てなんてできないでしょ?
まずは店員さんがピックアップしてくれた車体をしっかり見ていくんだ。
 
でしっかり質問すること。
なぜ、自分にぴったりなのか、なぜこの価格なのか。
店員さんのお仕事は、その車体の”価格分の説明”がお仕事なんだからね。
で、一通りお話を聞いたらいったん退散しよう。
そう、次のお店へ行くんだ。
 
近場のお店を回り終わったら、
コーヒーでも楽しみながら、予算を組み立ててみよう。
色んな車体の説明を聞いてきて、価格の感覚はつかめたはずだよ。
そして、価格が安い理由も、高い理由もばっちりだよね?
お財布の中身と相談して、決まった?
そうしたら、もう買いに行くお店も決まってると思うんだ、
納得いく説明だったり、もしかしたら値引きしてくれる店だったり
単に店員さんが良い人だったり、ね。
 
さて、僕からのアドバイスは、
冒頭にも書いたけど、可能な限りお金を出すことなんだよね。
より便利になったり、軽くなったり、より性能が特化していたり、
より、自分に合わせるためにパーツを最初に追加したり、
お金を出して損なんてないんだよ。
 
だから予算は最初に考えないのね。
最初に考えちゃうと視野が狭くなっちゃう。
すごいぴったりな自転車があるかもしれないけど、
予算を最初に決めちゃったら出会えないから。
 
まぁ、確かに高い買い物だけど、
軽い気持ちでゆったり構えて考えましょう。
じっくり悩んで、店員さんやネットとかいろいろ聞いてみよう、調べてみよう
時間をかけて選べばきっといい自転車を手に入れられるよ。

ファッティティーバイク

まさか最初に取り上げるのが超変種だとは、

www.bikerumor.com
なんともナイスなフォルム。
もともとの車体はトレック社のEquinox TTX
タイムトライアル用の車体だったけど、ウォーミングアップの際にぶち壊れたそーな。
で、カーボンフレームの修理請け負うミネソタ州にある”Cyclocarbon”と、
もともとのエクイノックスのフォルムを踏襲したFAT エクイノックスに修理、作り変えたそうです。
タイヤはFATバイクの生みの親 サーリー社のブラックフロイド 3.8インチ!?
3.8インチは96.52ミリ=96C! ロードバイカーには全くなじみのないサイズ。
いや、MTBライダーでもなじみ無いけどさ。
 
ワタクシ あんそに、英語力が微妙なので上記の内容は間違ってることがあるかも。
 
流石はカーボン製。
自由な造形、たとえ折れてしまっても高いレベルで修理、
今回の例のように、そのまま作り変えるのも可能。
こんなこと、アルミではほとんど不可能だろうし、鉄はどうだろうね。
日本でもカーボンバイクの修理を請け負ってくれる会社が何社かあるみたいね。
一番有名どころはCDJ”カーボン ドライ ジャパン”でしょう。
 
DIY大好きな米国では”カーボンバイク修理キット”まで出てきてるし、
安全性はともかく、一般人レベルでもギリ乗れるレベルまで修理できるみたいですね。

自転車乗りの初投稿

 お早うございまぁす。みなさま。
ワタクシ 某大企業自転車店でこき使われる 店員やっております。
あんそに です。
 
チャリンコに関する話題をテキトーに書いていきます。
言うほどスキルもないですし、チャリンコが速いわけでもないです。
この業界も10年いってませんしね。
 
まだまだ一人前とは言えないですが、
激動する自転車業界の話だったり、
わけわかんない米国人のアイデアバイクギアなんかを、
紹介できたらいいなと思ってます。
(アイツら、なぜか栓抜きを付けたがるんだ。)
 
最近はロードバイクのディスクブレーキ化だったり、
MTBは”ブースト規格”だったり、弄る系の人間には頭の痛い話ばっかりですね。
店員やってても覚えられないくらいです。(ん、僕の能力不足?そんなわけ・・)
 
僕は基本的にロードバイクもオフロード系もやります。
そう、中途半端に、テキトーに乗ってます。
トレーニングも別にやってましぇん
 
そんなテキトー自転車乗りですがこの投稿よりよろしくお願いします。